2015-05-26

企業見学!

5月も下旬に近づき、環境学園専門学校がある尼崎市も夏らしさを迎えてきました。
そんな中、2年生は自分の進路に向けてそれぞれが動き出しています。

企業では実際にどういうことをやっているのかを知るために、環境学園では企業見学会を実施しています。
先日5月21日に環境技術保全学科の2年生が「尼崎市立衛生研究所」を見学させていただきました。

健康を守るための分析を行っている現場や様子を見せていただき、学生たちは興味津々で聞きいっていました。


環境学園の授業で使用している分析機器を現場で使っていることを実感できたようでした。

そのような機器を実際に触らせてもらえるチャンスもありました。


見たことない機器を扱ってテンションが上がる学生たち。
もちろん私アップルも学生に交じって扱わせていただきました。

この経験からそれぞれ思うところがあったようです。
これからの授業、そして進路が楽しみになってきました。

残りの1年間、がんばっていきましょう!

2015-05-09

2年生の実習(尼崎の森 中央緑地)

5月8日、2年生の森林緑化水域コースと動物生態調査コースの学生が、「尼崎の森  中央緑地」にて緑地管理の実習を受けました。
今回は、中央緑地の管理をされている「尼崎緑化公園協会」のスタッフにご指導いただき、クヌギの苗木の管理方法、芝刈り機を使った芝生のメンテナンス方法などを学びました。
尼崎緑化公園協会では、本校の卒業生が新人として活躍中で、今は環境教育や緑地管理の仕事を担当しているそうです。
実習の様子を、写真とともにお届けします。
 
 
中央緑地には「環境学園の森」があります。
ここでは7種類の樹木を育てており、数十年後には立派な森ができる予定。

写真左は本校卒業生のKさん。尼崎緑化公園協会の期待の新人スタッフ!
右のOさんも本校卒業生で、薬品会社の新入社員。今日は休みを利用して遊びに来ました。

クヌギの苗木の管理方法の指導をうける学生たち。真剣な眼差しだ。

指導されたとおりに作業開始。根を痛めないよう、慎重に慎重に。
芝生の刈り込みには、専用の芝刈り機を使う。
操作方法の指導をうける学生たち。

2015-05-05

1年生 一泊オリエンテーション


 4月30日~5月1日の2日間、1年生は一泊オリエンテーションでした。
 宿泊先は、兵庫県の猪名川町にある尼崎市立青少年いこいの家。近くには猪名川の清流がつくりだした屏風岩という景勝地(上の写真は、その屏風岩の前での記念撮影です)もある、自然豊かな場所です。
 1日目は、自然観察、飯盒炊爨、グループパフォーマンスというプログラム。心配していた飯盒炊爨は、肉をカラスに奪われそうになるというハプニングはあったものの、全員が、おいしいカレーを食べることができました。また、今年の1年生は芸達者が多く、グループパフォーマンスは、物まねあり、コントあり、ボイパーあり・・・、と大盛り上がりでした。
 2日目は、『私たちにできる環境保全活動』というテーマでのディスカッション。同じような興味をもつ人でグループ分けをしたのですが、どのグループも熱心に議論を進め、最後には具体的な行動予定を発表してくれました。
 この2日間のオリエンテーションで、1年生の絆は大いに深まったと思います。ディスカッションで話し合ったことの実現も含めて、今後の学園生活、頑張りましょう!

2015-04-28

防火訓練を実施

本日、本校で防火訓練を実施し、避難経路の確認、消火器・消火栓の使い方などのレクチャーを受けました。
 「火事なんて他人事。自分には関係がない」と思っているとひどい目にあいます。 火災はいつどこで発生するのか分かりません。 いざというときにパニックを起こさないように防災意識を身につけ、確実に行動することが大切ですね。 
 
消火器で消火中

2015-04-13

21期生 入学式

 4月10日(金)、本校に隣接する尼崎リサーチインキュベーションセンターにて、21期生の入学式が挙行されました。多くの来賓のご臨席を賜わりましたが、今日はその中の一人、卒業生代表、3期生・Sさんの祝辞を紹介します。


 21期生の皆さん。本日はご入学おめでとうございます。開校20周年という記念すべき年に、21世紀の地球環境を救う人材となる皆さんと入学式に同席することができ、大変光栄です。

 皆さんの希望に満ちた精悍な顔つきを見て、私がこの学校に入学した頃を思い出しました。私が入学したのは18年も前のことですが、入学式の時、当時の校長先生から「立志」という言葉を贈られたことは、今も鮮明に覚えています。「立志」とはこういう文字です。




 2年間の学園生活は、楽しい事、嬉しい事、しんどい事、盛り沢山の思い出があります。そんな経験をした私から、後輩の皆さんに実践・実行してもらいたいこと、沢山あるのですが、本日は3つお話しさせていただきます。
 一つ目は、「将来、自分のなりたい姿」をイメージして学業に励んで下さい。社会人になって、イメージをする作業は、多くの場面で出てきます。大切な作業です。数年後に「現場でプラント操作をする自分」「分析室で分析機器を扱う自分」「野山で野生生物を観測する自分」など、頭に思い描くことで、学生時に自分が何をすべきか、目標とすべきかが見えてきます。講義、実習、レポート作成の時、あらゆる場面で将来の自分をイメージし、これからの2年間を自分の目標に向かって邁進する有意義な時間として下さい。
 次は、在学中に積極的、能動的に動く能力を身につけて下さい。環境保全の仕事は、分析業、自然調査、リサイクル業、環境コンサルタントなど、多種多様です。ただ、どの仕事にも共通しているのは、現場で自ら調べ、考え、働く仕事だということです。先輩・上司の指示があるまで動かない人、会議で自分の考えや意見を述べられない人では、優秀な「環境保全の技術者」にはなれません。いま現在「私は消極的な人間だ」と思っている人でも心配いりません。この学園は、創立当初から明るく、楽しく、前向きに何事にも挑める良き校風があります。ボランティア、資格取得、3S活動など、色々なことに遠慮なく励んで能力を養って下さい。たとえ、やり損なってもかまいません。またやり直せばいいのです。その時は、いま皆さんの前に座っておられる経験豊富、百戦錬磨で多士済々揃いの先生方が必ずフォローしてくれます。七転び八起きの気持ちで、まずは行動してみましょう。
 三つ目ですが、在学中に多くの友達を作って下さい。学校は、学ぶ場であり、出会いの場でもあります。私は卒業して16年経ちましたが、仕事の話を肴に酒を飲む同期生、学校の近況を伝えてくれる後輩、今でも懇意にしている友達がおり、私の貴重な財産となっています。皆さんは、年齢も経歴も出身地も様々な人が集まっています。学校で一緒に学び、交友を深めることで得るものも多いでしょう。この出会いを好機ととらえ、多くの友達を作って下さい。将来きっと心強い仲間になると思います。
 私が申し上げたいこと、最後に一言。2年という時間は「あっ」という間に過ぎます。いま持っている情熱の全てを注ぎ、卒業する時に達成感・充実感の味わえる学園生活として下さい。
 近い将来、本日入学された皆さんと環境保全の現場で一緒に仕事ができることを楽しみにしております。
 以上で私からの祝辞を終わります。ありがとうございました。